佐合木材ロゴマーク
株式会社佐合木材

環境事業部Environment Division

環境事業部

木質系廃棄物のリサイクルシステムを確立

・ウッドリサイクル(製紙・合板用チップ・バイオマス燃料製造)
・産業、一般廃棄物処理業(収集運搬・中間処理)・混合廃棄物選別処理(収集運搬・選別処理)

お客様の幅広いニーズに答え
木質廃棄物のリサイクル
システムを確立しています。

ダムや道路の建設のために伐採された木材は
チップとして紙製品に利用されています。

しかし、伐採された木材の残りや根株は
チップとしての利用が困難で、燃やされたり
埋められたりしてきました。

また、古くなった家をこわす時にも柱や
梁に使われていた木材が大量に出ます。

公園や街路樹などの管理にともない発生する
枝条などは、ゴミとして処分されてきました。

近年、CO2問題や、地球環境問題が
クローズアップされ、こうした有用な、
木質資源のリサイクルが求められています。

事業案内
山林事業部
環境事業部
住設事業部
ハウジング事業部
緑化事業部

むやみに燃やす・埋めることはせず
SAGOで処理された廃材がふたたび木炭、
肥料などに生まれ変わる。

私たちは、伐根・枝条・建築廃材・間伐材など、
お客様から処理の依頼を受けた木質系の廃棄物を、
県内5ヶ所にあるフォレストヤードに集めます。
そこで、土木用資材・建築用材・チップ原木として
再利用できる物を分別し、それぞれの目的に
合わせた処理を行います。
根株等は、二次処理を行ったうえで、すべての
木質廃材は、大型の破砕機によって、
再利用の目的に合わせた大きさに、破砕されます。

その後、分別処理された木質系廃棄物からは、
冶山工事や道路工事に使うウッドブロックや
化粧型枠などが生産される他、チップは製紙や
木質ボードの原料になります。破砕された木材は、
工場の燃料や道路の除草用のマルチング材や吹き
付けの基盤材として使用されています。

また、木炭の原料としても活用されており、
土壌の改良材や、床下の調湿材、水質浄化材として
私たちの身の廻りで使われています。